スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「野口義修・作詞作曲セミナー」に参加しました!

 21日(土)の午後、作曲家・プロヂューサーの野口義修さんが大阪市内で開かれた「作詞作曲セミナー」に参加してきました。
 僕はこの方の執筆された『作曲本』(シンコーミュージック)という本に5年ほど前に出会ったのですが、それまでのハウツーものや理論書がカバーし切れていない、いわば手の届かないカユイところに見事に手が届いているような感触を受けました。僕の場合だと、
 (1)曲の断片は思いついても、それをどうまとめたらいいか分からない、というところで非常に強い味方になってくれる
 (2)メロディーを紡いでいく時の注意点を、具体的に助言してくれている
というところで大変お世話になりつづけている、DTM書斎になくてはならぬ1冊となっています。

 さて、昨日のセミナー。
 人数が15名限定、というところへ、幸運なことに入ることができました。
 貴重なお話もさることながら、野口先生の温かで気さくなお人柄に触れることができ、明日への大いなる活力を頂けた気がしています。
 内容はどれも非常に具体的でありながら奥が深く、これからの曲作りにまた大いに役立ちそうです。特に私がご指導の中で強く感じたのは「言葉の力」のすごさでした。自分なりに、これから作る曲に込めたい「たった1つの思い」とは何か?を、言葉でまずしっかり押さえるという姿勢を曲作りに採り入れていきたいと痛感しました。

 同時に感銘を受けたのは、もう50歳を過ぎてもなお、新しい出会いや人生の中のいろんな出来事にワクワクしたり、素直に喜んだり、何か新しい発見はないか、と前向きにアンテナを立てている感性を大切にしている、野口先生の姿勢でした。
 実をいうとここ1?2年、僕自身仕事の多忙さやさまざまな人間関係の疲れで、昔に比べて気力や好奇心が少々衰えてきているような気がしていたのです。
 ですが、野口先生や、そしてセミナーに集まってきていた方々が皆さんとにかくパワフルで、瑞々しく人生に感動し続け、行動し続けていることに深い感銘を受けました。元気をもらいました!
 仕事も転勤から1年半、まだまだ新しいプロジェクトが軌道に乗りきったとは言えないながらも、1年前に比べると、ちょっと気持ちに余裕も出てきました。
 そろそろもう一度、どこかで置き忘れてきた自分自身の好奇心や出会いへの期待、行動力といったものを取り戻すべく、いろいろチャレンジしていきたいと思います。
スポンサーサイト

夏休み?「孫太郎キャンプ場」へ

 今年の夏休みは、2年ぶりに家族で海辺へキャンプへ出かけました。三重県の紀伊長島ってところにある「孫太郎キャンプ場」という、結構その方面では評価の高いキャンプ場らしいのですが。
 僕は1月生まれなのに、どういうわけか昔から夏とか海水浴とか大好きで、この年になっても夏に1回は海か川へ行って、突き抜けるような青空の下で解放感と心地良い泳ぎ疲れを経験しないと、なんとなく落ち着かないようなタチでして。去年は忙しさと異常気象のせいでほとんど夏らしい遊びをなんにもできなかったため、今年は気合い入れて(?)キャンプ場を予約。

 …ところが、出発の9日になって台風4号の影響で紀伊半島付近は天気が崩れ始めてしまいまして(涙)海水浴も2日ほど予定してたんですが、結局は時折青空が顔を見せるものの、なんとなくよどんだようなどんよりした空の下でのバカンスとなってしまい、ちょっと残念でした。
 それでも子供らは元気に泳いだり飛び込んだりゲラゲラ笑ったり。僕もだんだん愉快な気分になって楽しく過ごしました。
海水浴のスナップから

 さて、キャンプの楽しみといえば食事ということになりますが、このたびは近くのスーパーなんかにも結構新鮮な貝や魚が置いてあり、僕はホタテやサザエをしょうゆ片手に焼きまくりました♪
 食事の時も結構雨がパラパラと来たんですが、このたび1つ思ったことが。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。