スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天橋立へ

 行ってきました、おとといの日曜日。
 大学時代の友人が福知山市の大江町っていうところに住んでいて、その彼を訪ねて。
 昔から「**はもう見切った」というのが口癖の、いささか気の早いというか短絡的というか、そういうところはある男なんですが、妙に昔から笑いのツボが合うところがあり、ここしばらくの息の詰まるような多忙な日々をちょっとでも笑いやら昔話やらで忘れたいなあ、という気持ちがあって。で、作りかけの曲モチーフも家族もほったらかして、1人車飛ばして行ってきました。


 ま?良い気分転換にはなったんですけど、天橋立を望む展望台でそいつに写真撮ってもらってそれ見たら、ハラの出っ張りがちょっとシャレにならん状態になってるのに改めて気づかされまして。

 んで、昨日急に思い立ち、遠い昔に入手したきり眠り続けていた
「ビリーズブートキャンプ・腹筋プログラム」
を、とりあえず2日連続完遂しました。
 すでにカラダのふしぶしが痛い。しかし気持ちだけは爽快。

 さーて、明日も続くだろうか。
スポンサーサイト

制作を始めてみた

 今日は午後から休みでした。仕事も一段落して、この週末はゆっくりできそう。
 そんなわけで夏以来ほったらかしになっていた新曲の制作をついに始めまして。今日は夕方あたりからかなり集中してやることができました!のべで5時間ぐらいやったかなあ。
 とはいうものの、やっぱり相変わらずのスローモーな制作で、人体模型で言うとまだ「骨格が5分の3ぐらいできたところ」っていうとこで先ほど力尽きましたがorz
 今回のテーマは(相変わらずの?)「制作過程の負荷と時間低減化」です。これだけ仕事が多忙になると、以前にも増してこのテーマは切実でして(汗と涙)

 …今おぼろげに考えていることは「制作は大から小へ」ということを意識することですかねえ。とにかく、つい細部へ行ってしまいがちな意識のベクトル(?)に随時ブレーキをかけて、まずはざっくりとマクロ的に曲全体の時間的展開を整えてみる、ということ。
 曲のモチーフ、つまりコードと主旋律だけの段階だとどうしても変化に乏しい気がしてしまい、展開を考えてA、B、サビ…などをそれぞれ幾度か繰り返し全体の流れを作ってみても、以前はつい「単調じゃないかな」と不安になっていました。なのでそこから(まるでクラシックピアノの曲を練習するみたいに「作品中の時間の流れ」に縛られてしまい、)ついAメロだけを細かく分厚くアレンジし始めたりしてしまうという落とし穴にはまり込むこともしばしば。結果、膨大な時間をかけることになってしまっていたもんです。
 が、今回は今が大変に忙しくそんなことして作ってたら倒れてしまうであろうという状況、そして以前いくつかの曲を制作した時の経験値みたいなものがある程度自分を「細部へはまりこんでしまうこと」からすくい上げてくれそうな感触を感じております。彫刻でも最初に輪郭をざーっと作ってしまいますもんね。遅ればせながら、ようやくそういった段取りが身をもってわかってきつつあります。


 春に転勤以来、いろいろ仕事上で考えたり調整したりアイデア出さないといけなかったり…という日々だったんで、ついつい休日の頭脳労働を避けてたみたいなところもあったんですけど、いざやってみると、ふだんの仕事のことを完全に忘れられたんで、これはこれで良い気分転換だったのかも。


 ま?それにしてもこのところ少々運動不足気味だったところへこの肩凝る作業、今の気分は思いっきりカラダ動かしたい。でも明日って雨みたいなんですよね。。(-_-;)

EWへ行ってきました

 久々にちょっとだけ気持ちに余裕ができたので、今日はEWへ行って、何曲か聴かせてもらってきました。
 とりあえずは3曲ほどだったんですが、やっぱりDTMの世界はエエなあ。。となんだかしみじみ。

 んでついさっき、親しくおつきあいさせてもらってる「ASP影清」さんの曲に感想書かせてもらってきたんですが、その彼の質問の中に「あなたが「愛」「温もり」を感じる歌い手やバンド、作品がありましたら教えてください。」という質問がありまして、回答にちょっと迷いましてね。
 まあ最近新しいものもほとんど聴いてないこともあり、やっぱりイチバン感性が瑞々しかった頃の愛聴盤だった、ジョン・レノンのアルバム『イマジン』だと答えてきましたが。
 …しかし今どきのあっけらかんとした高校生の集団とか駅や本屋で見かけると、あのぐらいの年で毎日家帰って『イマジン』やら『サムタイム・イン・ニューヨークシティ』なんてアルバムを繰り返し聴いてた16?7のオレってのはかなりヘンな高校生だった気がしますorz

 このアルバム、タイトルナンバーの「イマジン」は今やムチャクチャ有名ですけど、僕的にはむしろそれ以外の「How?」とか「Oh Yoko!」なんかの方がスルメ的な味わい深さを感じるんですけどね。30過ぎてからは「It's So Hard」とか「Gimme Some Truth」みたいな曲の良さがやっとわかってきた気もします。「Imagine」はある日、あっさりあまりにもカンタンにピアノで弾けてしまって以来(笑)、急速に気持ちが冷めてしまいましたねえ??だってほとんどCとF。。
 とはいうものの、実はこのアルバム、ふとしたはずみでレコードを破損してしまいその後はそれを録音したカセットテープでしか持って無くて、ここ10年ぐらいはオーディオ事情の変遷のためほとんど聴いてなかったということに、EWでコメントしながら気づかされました。
 …なんか今、モーレツにこのアルバムが聴きたくなってきたなあ。

えこひいき

 息子に今日「『えこひいき』って、『ひいき』と何が違うの?」と質問されまして。



 「んー、『エコひいき』ってのはな、環境に優しいひいきのことだよ」と答えながら、自分で笑ってました



 …だいぶ、疲れがたまってるようですワorz
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。