スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転勤になりました

 6年ぶりに転勤となりまして。
 とはいうものの、引っ越しは伴わない転勤、むしろ通勤はかなりラクになりました。たぶん20分ぐらいで通えるんじゃないかな?。

 勤務そのものはかなり忙しくなりそうなんですが、
 休日も、今までの火曜日定休から、今度は世間並みの日曜定休へと変わりまして喜んでおりますです(^^)

 それにしても、作曲やDTM本格的に始めたのも、こうしてHPやブログこしらえてネットの世界へと漕ぎ出し始めたのも今の現場に勤め出してからでした。。そのネットではやっぱり音楽通じて、たくさんの尊敬できるDTMerの方々との出会いに恵まれて。

 んで、そのDTMのスタイル確立の模索が、仕事とも不思議なぐらいクロス、あるいはリンクしていたりしてるのを感じさせられる場面も多く、実に濃密な6年間だったような気がします。職場の机なんて、以前は書類山積みになることが多かったのに、今は自分でもビックリするぐらい、常時スッキリさせられるように。段取りの立て方や記録の残し方も「DTM流の仕事スタイル」みたいな感じになってる今日この56。
 そういやあ、クロスバイクに出会ってサイクリング始めたり、1人旅の味を覚えたりしたのも今の職場に来てからだったんだよなあ?。萩やら長崎やら琵琶湖やら、1人でいろいろ行きましたワ。時には家族ほっぽり出して(笑)いろいろ感慨深いですね。。

 ようやく引き継ぎや片づけなども完了して、今日はちょっと一息。久々に子供らと公園なんぞに出かけて、これまた世間並みにキャッチボールなんぞをした、休日らしい休日でした。
 明日(…っていうか、今日)も休めることになったので、しばらくぶりにDTM的なこともできればなあ?と思ってます。
スポンサーサイト

「真・葵の将軍」第2版

 先月から始まった三月ウサギさんの「第4回オーケストラアレンジ勉強会」の話題でして。

 今日、やっとここの「サロンBBS」でいただいたいろんなアドバイスを参考に、初版アレンジの『真・葵の将軍』にあちこち手を加えた「修正版」が完成。…とはいえ僕自身が作品の断片が持っている力を御しきれてない部分もあり、まあ満足度は85点、ってトコですかねえ。。僕のアレンジはわずか38秒なんですけど、時々滅入りそうになるほど難しいです。。。

 さて、そんな『真・葵の将軍?修正版』ですが、初版からの改良ポイントは以下の通り。

  (1)最初の無音部に入っていたノイズをカット(助言くれたyebisuさんに感謝)

  (2)ベースを、ポップス的エレキベース(指弾き)から正規の「コントラバス」「チェロ」の合わせ技
    に変更(=ポップス畑へ逃げたくなる自分との闘いw)。…まあコントラバスについては「チューバ」を
    適宜フリカケみたいにレイヤーさせて、エレベ的厚みを意識しましたけど。

  (3)前半の、いささか安直だったストリングス(白玉流すだけでした)を、高音部へは
    ▽バイオリン群による上昇オブリガードの加味、そして
    ▽低音部ではチェロでリズムを出すべくあれこれ画策(<ここが今回一番苦労しました)
      して、和声の充実を図るとともに、きっちりパンの振り分けにも気を配りました!
    (助言くれたcrescさん、マサトさんに感謝)

 (4)後半で出てくる…なんだろ?第2バイオリン?ヴィオラかな?…の刻みをちょっと間引きして
    ツブの不揃い感を解消。(助言くれたevnc_chckさんに感謝)

 (5)ミックスは前回よりもちょっと"ホール感"を出したものを心がけました。ミックスに疎い僕です
    けど、このたび少しだけ、音圧とコンプレッサーというものの大まかな考え方が理解できまし
    たワ。 …いや、あくまで「コンプレッサーで音量を均質化しといてから全体のゲインを上げる
    という手順を踏むと、あとで音割れ(いわゆるクリップ)することなく音圧を稼げる」っていう
    大きな枠組みが理解できましたよ、ってえだけのハナシ
でっせ。(^^ゞ

 どうしても自分の関心はアレンジそのものに向いてしまうんですけど、僕なりにやっているうちに感じ始めているのは、やはり内声の組み方の難しさですかね。。ポップスだと、このあたりはギターかピアノの刻み、白玉というのがあるわけで、ある意味非常にラクなんです。ところがオケの場合はそのあたりを曲調に応じていろんな楽器が担当を入れ替わり立ち替わり。ここらがオケの面白いところ・奥の深いところ、そしてしばしば僕みたいな初心者を千尋の谷へ突き落としてくれる(笑)ところだと思うんですけどね?。
 今自分の中で一番戸惑ってるのは「ファゴット」。どう扱って良いのか途方に暮れてます。それと「チェロ」!…コイツもなかなか奥が深そうで。「コントラバスとヴィオラとの橋渡し」とか、「万能の楽器」とか書かれてる本もあるし、今回もエレベなしでどうしよう…とか思った時、意外な可能性がほんの少し垣間見えたり。
 とまあ、こんなハナシもまたサロンへ持っていきたいと思ってるんですが…まずは「トリビアの泉・10m空気砲の話題」っていう動画を2回見ることにします(<なんのことかわからない人は、「Cafe de Brahms?サロンBBS」の【続オーケストレーション】スレッドへ行ってみて下さい? □b)


 さて、1つ残念だったのは、Cubase Essencialは廉価版なんで、エフェクトにコンプレッサーが用意されて折らず、リバーブも「ルームなんとか(<細かいこと忘れた)」っていう1種類しか着いてないという事実がわかってしまった、ということでした(T_T) 「CUBmix」、初チャレンジしてみたかったんだけどなあ。。orz (影チャンすまん!!)

 いつもながら三月さんにはお世話になってます。アップされるのはやっぱり今から楽しみです?(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。