スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第624回「ヘッドホンしますか?」

 ホホウ、DTM人間にとっては、欠かせない話題かな…と。

 …それはさておき、若い頃に比べてヘッドホンで音楽聴く頻度が増えましたね?。
10代の頃とかは、専らスピーカーから音楽を聴いてましたけど。。

 でも最近はスピーカーから聴くと言ったら車の中ぐらい。子供ができてからは、家ではコンポやラジカセの置き場確保がなかなか難しくて。。

 そうこうしてるうちに通勤が電車に変わって、ipodとか欲しくなったりということになり、気が付けばいつの間にか「自分の好きな音楽聴く時はヘッドホン」ってえのがアタリマエになってる今日この頃。(・o・)

 家で愛用してるのはオーディオテクニカ製のエアーダイナミックヘッドホン ATH-AD300っていうすっぽり耳覆うモデル。普段小さいヘッドホンで聴いてるipodを、家のリビングとかでくつろいでる時コイツで聴くと、ちょっと気分も変わりイイ感じ(^^)

 ちなみにipodの「普段着モード」なんですが、付属のヘッドホンがどうも耳の形に合わなかったので、今通勤とかで愛用してるのはSONYの、耳の中にすっぽり入れてしまう「インナーイヤータイプ」っていう、下みたいな形してるヤツです。一応、色は白(笑) なかなか快適に聴けて、気に入ってます。
インナーイヤータイプ
 喫茶店なんかで、ちょっと集中して仕事の書類に目を通す時にこれでバッハとか流しておくと、最上の耳セン効果を発揮してくれます(笑)

 話は少し外れますけど、バッハは「ながら」に唯一適した音楽じゃないかな、と個人的には思いますね?。
 というのも、見事に聴き流せるから(笑)
 それにずっと流してても疲れないし、ヒーリング効果的なものが多いような気がして。

     ----------------------------------------------------

 さて、曲の打ち込みする時にはやっぱり欠かせないですね?、ヘッドホン!
 ビミョーな話ですけど、やっぱり数10センチ離れたスピーカーから聞こえてくるのと、ヘッドホンでほとんど直にモニターしながらやるのとでは、タイミング1つとっても精度が違ってくるんじゃないかな(<って、、ほとんど気休めか?)
 定番のSONY MDR-CD900STをここ2年ほど愛用してるんですが、巷で言われるほど「長時間の使用が辛い」と感じることはないですね。こっちは幸い、カラダに合ってくれてるみたいです(´。`)

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは、「ヘッドホンしますか?」です。

ヘッドホンだけじゃなくイヤホンでもかまわないんですが
あなたはこれら、日常的につけますか?
ほうじょうは家のパソコンにスピーカーが無いため、
ヘッドホンで音を聞いてます。なので、ヘッドホン必須です。

デザインのステキなものが多いため、電気屋さんの
ヘッドホン売り場...
第624回「ヘッドホンしますか?」


スポンサーサイト

えー、またしてもCUBASEネタですが(^^ゞ

 今日は休みだったので、朝から引き続きCUBASE Essencialの勉強やら、テスト録りやらに励んでました。いろいろ発見がありましたね。一番大きな転換となったのは、分厚く本格的なマニュアルの代わりに、PDFファイルがゴソッとヘルプに入ってたということでしょうかねえ。これは今の自分にとって大きな発見でした(笑)
 今のところいろんな発見をしてまして。とはずがたりに箇条書きするとですねえ、
     ・クオンタイズは、「頭だけ揃えてデュレーション(=ゲートタイム)は変わらない」が基本。
      これはそういう使い方をよくしていた自分にとって好都合だと思った。

     ・曲途中でのテンポや拍子変更は「テンポトラック(Ctrl+Tで出る)」を使うと自由にできる!
      Performerでいうところの「コンダクター・トラック」的働きをするのが、どうもここみたい。

     ・Performerと違い、「標準モード」で新しいテイクは自動的に生成されていく!
      これ以外にも、新しいテイクを録ったら自動的に前のが消えてしまう「上書きモード」や、
      前のテイクに重ね録りする「Margeモード」もあり、これらのモードは操作ボタンのある
      「トランスポートパネル」の左上で切り替えられるのであった。


 …とまあ、今日の収穫はこんなもんですね。
 それにしてもDTMについては作曲、理論、スタンス、オケアレンジ、ミックスなど、どれ1つとっても夢見心地なほどに素晴らしい交流と助言をいろんな方々から頂いてきていた僕なんですが、こと「手持ちのシーケンスソフトそのものの操作」に関してだけは、今まで交流の経験ってのがなかったんです。けど、このたびCUBASE Essencialに関してピース師匠や影清さんからメッセージなどいろいろいただきまして、Performer使ってた時には味わえなかった、ホットな「シーケンスソフト談義」というのをさせていただいてるなーって実感してます!
 以前何かで、シーケンスソフトの優劣や適性はソフトそのものよりも(<クセの違いはあるが、優劣にはもはやほとんど差がない)周りに尋ねることが出来る人がいるか、サポート体勢が整っているかの方が決め手になると思う、みたいな記事を読んだことがあるんですが、ホンマやなあと感じてます。
 そんなわけで、エー、私はシアワセです。(<今日だけ許して有頂天発言)


 夕方、外でここしばらく腰の辺りにとどまってる尿管結石(泣)出すべくナワトビやりに出かけ疲れて帰ってきたんですが、また夜になってもう一踏ん張りしてみようかな、と久々にDTMモードで高揚しております(^^)v

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル : 音楽

CUBASE Essential、ようやくセッティング終了(汗

 やっと「CUBASEエッセンシャル」のインストールやら登録やらが終了しました。
 実を言うと昨夜から悪戦苦闘してて、CUBASEエッセンシャルがなっかなかインストール画面から先へ進まなかったり、ドングル(=スタインバーグkey)が認証されなかったり。どうも原因はウイルスバスターにあったみたいで、これをいったん終了させることでようやく活路を見出しました。ふう。。。
 で、つい今しがたDVD-ROMに入ってたデモを聴くかたわら、そこかしこ触ってみたんですが…やっぱり使い慣れたPerformerとは少々使い勝手が違い、戸惑うことが多かったorz
 とりあえず今からまた付属のソフト音源(というか、サンプラー)、「HALion」をセットアップしていきたいと思います。
 曲制作に取りかかれないのは相変わらずだけど、どうにか数日振りに前進している実感だけは戻ってきました!

「CUBASE Essential 4」、買ってしまいました(汗)

 …実は今年の初めぐらいから、やたらフリーズの多くなってきたシーケンスソフト環境(MacG3ノートでPerformer6)をなんとかしたい…と思ってたんですが、今日ちょっとしたきっかけ(<あまり多くは語りたくない)でついに楽器屋へ赴き、とうとう新しいシーケンスソフトCUBASE Essential 4を買ってしまいました。


 新しい制作環境については当然今使ってるソフトの発展版である「デジパフォ」を筆頭に、メジャーどころの「ロジック」、あるいはネタが豊富で扱いも簡単そうな「Music Maker」などにも相当惹かれるものがあり、本当にここ数ヶ月さんざん迷いまして。
 で、よ?く考えてみたんですけど、自由度・柔軟度が高そうな感じがしたのと、Win/Macのハイブリッドというところに惹かれて(MacをOSXに替えて続けるか否かが未だに結論出ないんで)「CUBASE」がいいかな、という結論に達しまして。何より、VST音源とかボーカロイドとかが視野に入ってくるというのが魅力ですね。


 実はね?…つい1週間ほど前子供に桂三寸の将棋盤買ってやったばかりで 正直ある種の罪悪感と金欠への危機感はあるんですけどねorz
 まあそんなこともあったり、今後も当面はMIDIのリアルタイム入力が中心だろうからということもあり、機能を抑えた2万円台のEssentialに決めました。しかしこれでまた1からソフトの操作を勉強し直し、ということになります。うーん。。 操作性はよさそうかな、と考えて決断したつもりで入るんですが、どうしても戦々恐々としてしまいます。。(--;)


 製品がウチに届くのはまだ3日ほど先なんですが、とりあえずはこのソフトを、ウインドウズマシンに入れて走らせようかな、と考えてます。

久々にEWへ行ってきました♪

 いやー、ここ2?3日、久々にEWへ行って、何曲か鑑賞させてもらい、感想書かせていただいてきました。

 でね、フッと思ったのが、偶然なのか?独奏ものを制作、発表されてる方が結構多かったということ。ギター、ピアノ、いろいろありましたけど…。

 いや、実は僕もその類をやってみようかな(<迷ってますけど)、とちょっと考えたりしてたとこなんで、なんとなく不思議な気分に。

 明日は所用でほぼ1日休みがつぶれてしまうんですが…制作へ向けての気分は徐々に高揚しつつあります。

悲しゅうて、やがて面白き連休かな

 11月始めはいきなり日・月と出勤。仕事で1つ大きなイベント抱えてたんですが、それも無事終了。
 当初の予定ではそれに続いて4日&5日が連休。これを利用して、琵琶湖あたりに久々に走りに行こう(<サイクリングね)と企画してたんですが、3日の夜に突如背中が痛み出して眠れなくなり、深夜這うようにしてカミさん起こして救急外来へ。尿管結石でした。点滴と痛み止めをしてもらい、その後しっかり泌尿器科へも行き、この連休はひたすら水飲みとナワトビで「石」を下ろそうと努力しつつ、結局あまり家を出ずに静養しながら様子を見る2日間でした。おかげさまでだいぶ楽になったんですけど。

 しかし、結構ショックでしてねえ…琵琶湖行き断念が。
 それでなくても夏以降、浮世のしがらみから休みを自由に使えないことが多く気も塞ぎがちだったんで、パーッと弾けたかったんですが…。
 それでも、電車の中で突然、あるいはマキノとかの湖北あたりで突然痛み出していたらと考えたら、ゾッとしますね。家にいて、しかも仕事が一段落したタイミングで、というのは不幸中の幸いでした。そう考え直し、あまりクヨクヨ考えるのはやめることに。

 それでも、イマイチなんにもする気にならず、ボーッと録りダメした『篤姫』とか見てたんですが、ちょっと車で近くへ出た帰り、坂道を運転士ながら上っていたら、カーブゆっくり曲がろうとした瞬間、フッと口を衝いてメロディーがスルスルっと。

 …もしかしたら、新曲の予感かも♪
 まだどうなるかわかりませんが、家に着いてすぐ、しっかりメモっときました。(<もちろん録音メモね。)
 さーて、ここのところEtukoさんから教わってるナポリ和音などを、うまく採り入れられたらいいのですが…そのあたりがまだうまく御しきれない…こればっかりはGOD ONLY KNOWSです(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。