スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣豪・武蔵の「必殺技」とは…?

 居酒屋でこんな話に。

 …子どもの頃、友達との話題で、武蔵と小次郎の決闘が出たことがあって、その時に小次郎の有名な必殺技「ツバメ返し」と、小次郎が「物干し竿」という反りのない長い刀を使う、なんてことを初めて知りました。
 で、対する武蔵は「二刀流」。2本の刀を使うとかナントカ。
 その時子供心に思ったのが、じゃあ、武蔵の方はその2本の刀でどんな必殺技を?ということだったんですよ。「何かなかったの、ホラ、真空切りとか、真空飛びヒザ蹴りとか(<なんで真空ばっかりなんだ)、大リーグボール3号、みたいなの」
 思わず教えてくれた友達に尋ねたんですが、この答えがその時居合わせた一同出なくて、みんなでウーンと唸ってしまった、そんな少年時代の思い出。

 その後多少なりとも武蔵について本読んだりして知っていくと、どうも「二刀流」ってのも真偽のほどがさだかでないし、何より!武蔵は巌流島で小次郎と戦った時、使ったのは二刀でなく「櫂を削った長い木剣」だったという(<まあこれは吉川英治先生の小説のお話によりますが)
 でもね、最近ふと思ったんですよ。その、「決まった形がない、武器に何を使うかさえ、その時々の状況や相手の強さによって変える」という柔軟さ、それこそが武蔵の「必殺技」だったじゃないかと。
 上手く言えないんですけど、こういう武蔵のスタンスって、仕事や生き方にも何か教訓めいたものが隠れてるように思えて。「技もスタイルも、あって無きが如し」っていうところがね。
 とはいえ、じゃあ具体的にはどんな教訓が?と言われるとうまく言えず、その時の居酒屋では思わずウーンと唸ってしまった、そんな仕事帰りのひとこま。
 
スポンサーサイト

1周年ありがとう!です (^o^)

 気が付けば本家HP「出窓のDTM書斎」も、昨日でオープン1周年を迎えました♪
 と言いつつ、昨日は家族で出かけていたのでまったくPCに触らず1日を終えてしまってました(汗

 いろんな方々に支えて頂いたり、応援して頂いたりして、おかげさまでとっても楽しくHP運営を楽しませてもらってます(^o^)

 立ち寄って下さったみなさん、感想やコメント下さるみなさん、そしてリンクでおつきあいいただいているみなさん、数え切れないほどの感謝感謝です!

 これからも、どうかよろしくお願いしますー(^^)/

専門用語のLabyrinth (x。x)゚゚

 上のタイトルで昨日、音楽用語にまつわる自分の中の思いを一気呵成に書き上げ日記にしたんですけど、今日になって読み返してたら、これはしばらく人の目に付きやすいところに置いておきたいな、という気分になってきました。
 そこでこのところ滞り気味だった本家HPのコラムの方へ思い切って上げてしまいました♪

 いや、内容的にはかなり発展途上的なんですよ。これまでいろいろな方からネットで教えていただいたことなんかもそこかしこ盛り込んで入るんですけど、なにせ僕も早とちりというか、オッチョコチョイなところがたぶんにありますからねえ…ちゃんとそれらを解釈しきれているのかどうか。。

 引き続き、ご意見・ご指導賜りたいところです。<(_ _)>

久々にDTMしました

 7月に例のポップオケを書き上げて以来、今夜は実に久々にDTMやりました。2時間半ほどかな。
 んで、先ほど一応の完成。わーい。
 …といっても新曲!というわけでなく、小学生の息子がみんなで歌う曲のための、伴奏と主旋律のDEMO作成なんですワ(笑)
 このところ仕事も結構立て込んでるんですが、こんなカンジで変化球みたいな忙しさが突然襲ってきたりして、結構多忙な毎日。
 でね、DTMとか作曲で学んだことが、へんなところで仕事に役立ったりして、結構一人でおもしろがったりしてるんですよ。「この仕事はちょっと…気合い入れて調整しないとダメだな、よし、じゃあ明日の朝イチに回そう、午前中の方が頭は冴えてるはずだからな」みたいなカンジで(笑)


 うーん…とはいえ、そろそろ新曲書いたりもしたいなあ?…とりあえず今日はちょっとだけ酒飲んで寝ます。。こんなことしたら、太ってしまうとはわかってるんですけどねえ(x。x)゜゜

「迷えるDTMer」モード…ただの物欲?

 先頃、EWで桐生琢海さんの「黎明」って曲を聴いて、ちょっとMusic Makerなるソフトに興味が。
 その後いろいろ楽器屋めぐりなどをしてると、どうしても物欲というヤツがムクムクと頭をもたげてきますね。。(-_-;)
 Music Makerはソフト音源なんかの初心者に優しいソフト、ということらしいんですが、隣の棚に置いてあったYAMAHAのDTM用鍵盤、KX49とかKX61とかにもちょっと心弾かれるものがありましたね。なんといっても、CUBASEの廉価版がバンドルされてるってところが購買欲をくすぐられる気が。これにもしピアノとかアコギの音源が2,3種類ずつぐらい本体内蔵されてたら、作曲用の簡易鍵盤としても使える!ってなわけで、即フラフラ?っとクレジットカード取り出しちまうかも(笑)
 ちょっとした音源が着いているという点では、M-AUDIOの「KeyStudio 49i 」とかポータブル・デジタルピアノの「ProKeys Sono 61」あたりにもちょっと興味が。これ、軽いのかなあ…とか思わずHP見てしまいました。

 ずーっと外付け音源でのMIDI、という環境で来たんですが、ちょっとソフト音源が気になり始めている、だけどサイフ事情はお寒い限りの今日この頃でやんす(T_T)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。