スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のHP更新です(^^)

 本家HP「出窓のDTM書斎」の方に、久々にコラムを追記してみました。
 開設以来ず???っとほったらかしになってた、音楽じゃない方の「自転車とアウトドア」方面の話題を、やっと載せられましたワ(x。x)゜゜
 このブログの方も、前に設定してた「アウトドア」っていうカテゴリーを、これでやっと使えて、ちょっとうれしかったりしてネ(^^)v
 「つづく」と締めくくってしまったんで、またなるべく早く更新しないとなあ?(-_-;)
スポンサーサイト

浮世風呂・浮世床

 HPのコラム3回目に以前、「曲のモチーフが浮かぶのは、どういうわけか寝床とか風呂場が多い」って話を掲載させてもらったんですけど、さっきなにげなくコレ読み返してたら、「そういやあ江戸時代の本で浮世風呂とか浮世床っていうのがあったよなあ」とかふと思って。
 「やっぱり昔の人も、浮世離れしたことって、こういう場所で思いついとったんだろか??」とか、さらに意味不明なことをつらつらと考えておりました。
 そうなってくるとまた連想はつながってきて
 「そういやあ、作者って式亭三馬っていうんだよなあ。」
 「ホホウ、やっぱり作曲やないけ。指揮とかサンバとか。」
ってなわけで、どうにもとまらない。



 ありゃりゃ、浮世床の「床」って、床屋のことだそうで。(x。x)゜゜


 ……たわいもない思いつきのハナシでした。<(_ _)>  どうやら疲れてますね、僕(笑)

書斎の道具に仲間入り♪

 なんと珍しく、本日2回目の日記をば。
 実は書斎机のスタンドを買ってしまいました♪
 今まで使ってた分が、留め具の関係上右側にしか設置できず、右利きの僕は少々不便な思いをしてたので、このたびDIYで作ってやった下の子(…が左利きなのも、何かの縁か?)の机に譲ってしまいまして。

新しい照明♪

 形におっ!と思い、省エネ効果抜群という店の商品説明POP見て「よっしゃ、これやー!」と決めて買ってきたんですが、ちょっとクールな電球の色合いに慣れるのに時間がかかりそうかなあ…。思わずナショナル(…今や、もうすぐ消えゆくブランド名とは…涙)のHP行って、電球の色の話とか読んぢまいましたよ(笑)

ブルーノートスケールの練習、始めてみました(^^ゞ

 今日はしばらく前に買った音楽理論の本で「モード」とか「スケール」とかの理論をちょっと勉強して午前中を過ごしました。
 途中からはCのキーで「ブルーノートスケール」っていう8音のスケールを指になじませようと練習。ここんとこ練習不足と高齢化(笑)に伴い、特に4,5指が動かなくなってきてたんですが、今日は(録りだめたテレビ番組見ながらですけど)延々2時間ぐらいこのスケールの3オクターブ上り下りをやったおかげで、ちょっと小指とかが甦った気がしますです。
 このスケール、2オクターブ以上続けようとすると「ソ → シ♭ → シ → ド」といくところで、指使いが「1 → 2 → 3 → 1」となるんですが、ココが難しい。まだ速くは回せないですねえ(x。x)゜゜
 まあ今日はいわば「指だけ(、それも右手だけ)ビリーズ・ブートキャンプ」みたいな世界。
 こういうのが続けられれば上手くもなるんだろうけどなあ…うーん、続くかなあ…(汗

ちょっとここんとこ忙しい(汗

 今日は、普段はなんとなくココで取り上げないようにしてる仕事の話させてもらいますワ。なにせ最近忙しいもんで、他にあんまり話題も作れなくって(涙)

 今のセクションで仕事するようになって2年目、最近1年前から付け始めた「備忘録」がようやく自分の仕事をマクロ的に助けてくれるようになってきまして。
 この「備忘録」を付け始めたのは別セクションにいる先輩からの助言がきっかけだったんですが、やっぱり、自分が体験したことを自分の字で書き留めておいたノートってのは何物にも代え難い財産ですね。まだまだわからないことも多い中、忘れてたことをこのノート読み返したら思い出して、自分のやってることが全体の中でどういう位置にあって、どことどう繋がっているかが思いがけず判明したりということも実感できたりし始めました。
 この備忘録、「あ、これは知らなかったことだ」と思ったらどんどん書き足していく、というだけ。そこらへんで買ってきた単なる120円ほどのノートなんですが、実はこのやリ方って、自動的に「時系列」っていう検索キーで整理される結果になってるんですよねえ。いわば、かの野口悠紀雄大先生の「超」整理法ワールドへと突入してるわけでして。実際、調べたいページの場所を自分でもビックリするぐらい素早く探し出せるんで、もう日々ウルウルしながら先輩に感謝する毎日ですワ。
 てなわけで、学生時代以来ルーズリーフ大好き人間だった僕なんですが、最近ちょっとノートというものに回帰しつつあります(^^)

 …とまあ、仕事は忙しいなりに得るものもあって、こんな文章もあっという間に書けたんですが…HPに載せる新曲の紹介文を練る時間が????っ!

ああ物欲

 先日、家族での外出から帰宅すると、なんと壁に作りつけで作った棚が壊れていて、そこに収まっていた愛用のミニコンポが床の上で見るも無惨な姿(涙)。
 どうやら棚が老朽化して、コンポの重さにとうとう耐えきれなくなっての「事故」だったようです。それにしても誰もいない時で良かったです…。とはいえそれ以来我が家は「リビングで音楽を聴く」ための手段がしょぼ?いCDラジカセ1つ、という状況になってしまいました。あとはipodとか、パソコンにつないであるレコードプレーヤーとか、要するに部屋に流すという用途には向かないものばかり。
 まあコンポって生活に絶対不可欠なもの、ってわけでもないんすけど、やっぱりねえ…コーヒーみたいなもんで、休日の朝とか仕事終わって帰った夕食後のひとときとかにフッとBGMが欲しくなるもんですよ。テレビやDVD見てごまかしてるものの、時々むしょーに物足りなく感じることがあります。(+_+)

 さてそれに加えて、先日オリジナル曲の感想にいただいたコメントの中に「同じような音域の中に楽器がかたまり気味じゃないかな?」という一言が気になってまして。
 こういうのを確かめるのにはたぶん、スコアにして全体を見渡すというのが一番なんでしょうけどねえ?僕が楽譜に苦手意識持ってることを別にしても、今使ってるオールドMacには、最近買った新しいプリンターがもう対応してくれてないので、現在ソフトからの譜面の印刷ができない環境なんですよ。それと、このMacで使ってる愛用の「Performer6」っていうソフトのピアノロールが、1トラック分ずつ抽出して見るという作りになってるため、狭い画面で一度に見られるのがせいぜい3トラック分ぐらいなので、画面で確認するのもムリ。
 ところが!最新盤の「Digital Performer5だと、MIDIのピアノロールは、色分けしたトラックをどんどんレイヤーして見ることができるそうなんですよ!これだと、全部の楽器を重ねて見て、どのあたりの音域がどのぐらいの厚みかと言うことが一目瞭然!制作の時にも、たぶん余計な足し算をしなくて良くなることが予想されるんですよねえ…。

 そんなわけで、このたびばかりはかなり音楽方面の「物欲」に心乱れております。…がっ!こんなの導入しようと思ったら、ソフトのアップグレードに約5万、プラスOSX対応のMacに、さらに10万前後の投資が必要
 …ムム…(>_<) 当分は、ビートルズがアルバム作ってた時のアビイロード・スタジオの設備に関する本で「彼らは、たった4トラックしかない設備でこれだけ厚みのある音を作った…」とかなんとか書いてある記事でも読んで、これまた「気分ごまかす」しかないッスねえorz

さて、いろいろ取りかかろう

 新年開けて早5日。今年は、明日から本格的に仕事です。
 まあこのブログ&HPでは仕事方面に関して掘り下げたくないんで(^^ゞ そっち方面の話はおいといて…と。

 さて、やっぱりHPの更新ですねえ??。
 結局アウトドアとか自転車の話題を全く出せないままだったし、今年はそっちもボチボチ出していきたいですねえ。実は11月?12月にかけて結構出かけたりもしたんですが、あまりの忙しさにその時の紀行文まとめ切れてないんですよねえ?。
 それと、去年の暮れに駆け込みセーフで出した新曲、これもいつものようにウダウダ話をくっつけて「MUSIC」の方に出していきたいと思ってます。こっちはなるべく早く。
 あと、今年は"モード"っていう考え方をマスター…とまでは行かなくても、せめてちょっとでも慣れて、できれば新しい曲の中で1回ぐらい、ソロとかに反映させてみたい気持ちはありますね。そう思って、こんな本買ったんですけど。↓↓
 「ピアニスト音楽理論・スケール編」
 とりあえずは付録のCD聴きながら「モード」と「スケール」がどうやらほぼ同義語である、ということがやっとわかりつつある今日この頃です(^^ゞ

あけましておめでとうございます

 2008年になりました♪ あけましておめでとうございます。
 いろんなこと前向きに取り組んで、今年をいい年にしていきたいです!
 また本年もどうぞよろしくです(^^)/


 そうそう、去年の話にちょっとだけ戻りますが、どうにかこうにか
予告通り、年内にE-WINDさんの方に、新曲アップしました(汗)
 よろしければ、お聴き下さい♪
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。