スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTM的『幸福論』

 久々に読書をば。
 だいぶ前に買ったっきりほとんどホコリかぶってた、ヒルティの『幸福論(第一部)』
 仕事がテーマのくだり(小見出しは「仕事の上手な仕方」でした)なんだけど、そこは勝手にDTMにあてはめて解釈。

 …精神的な創造的な仕事をするのに、仕事の区分や、あるいはそれ以上に序論のために、時間と仕事の興味とを失っている人が極めて多い。
 ウーム。。これはまさしく、曲が書けずに、あるいは作り込みで構えすぎて立ちすくんでいる、日々の56そのままではないか。
 読み続けてみる。すると、

 …序論や表題は最後に作れというのが、誰にでも当てはまる適当な忠告である。そうすれば通常、それらはひとりでにできてくるものだ。序論的なものはすべて後廻しにして、自分の実際に最もよく知っている本論から始めれば、ずっと楽に仕事を始めることができる。
 なるほど。「自分の実際に最もよく知っている本論」…作曲で言えば、やっぱりサビから作るべきだという訳だろうなあ。自分自身が何をこれから書く曲のメインテーマに据えるか、よくわきまえとけよってこととも解釈できるよなあ、などとこれまた思いっきり自分の興味にあてはめて解釈してみた。んで、たしかにそれがしっかりしてたら、あとからAメロその他はまたなんとかできるものですからねえ。。
 思えば、今までの曲で自分なりに手応えを感じたり、思い入れがあったりする曲作品は、どれもハッキリとした強い動機、あるいはイメージがあったものばかりだったよなあ。「序論」を、Aメロあたりに置き換えてみたら、たしかに今まで、A、Bメロときて、それにスムーズに繋がり、かつ盛り上がるサビというのをなかなか書けなくてしょぼくれた経験が幾度かあったなあ、と大いに納得。
 さらに読み進めてみる。

 …中には序文が一番いいという書物もないわけではないが、しかし、そんな書物は総じてあまり読む価値のあるものではない。 
 (-_-;)(-_-;)(-_-;)。。。そういやあ、竜頭蛇尾的に、A?Bで力尽きて、取って付けたようなサビをムリヤリこしらえてまとめてた曲は、これまでなかったか。(いや、あったはずだ)
 …今夜は、自分の作曲に対する考え方や取り組み方について、また大きな修正を加えるきっかけになるヒントをもらった夜だった気がしますです。
 同じページと次のページにも、ビシバシと鋭い言葉が続いてて、それはもう。ですワ(汗

 …精神的な仕事はなおさら、丁寧にすべきである。が、しかし、何一つ言いおとさず、読み残さぬと言うように、全部を尽くそうと思ってはならない。(略)一番よいやり方は、比較的せまい範囲を完全に仕上げて、そのほかの広い範囲については本質的な要点だけに力を注ぐことである。あまりに多くを望む者は、今日では、あまり成績のあがらないのが普通である。
 打ち込みによる作り込みも、あまり細部までカンペキ主義を目指すのは「労多くして功少なし」なのかもなあ、とちょっと考えさせられたり。
 「せまい範囲」をどう解釈するか。同様に、「広い範囲」の「本質的要点」とは、なんだろう?
 不眠に陥らない程度に考えつつ、そろそろ寝ようかな、と。 


 『幸福論』…些かキリスト教色の濃さに閉口する部分もあるんだけれど、なかなか濃い内容の読み物と出会えた夜でした。では、寝ます。
スポンサーサイト

奈良の円照寺

 たまにしか書けないかも、なんで、今日はもう1題。

 つい2年ぐらい前まで三島由紀夫にだいぶ傾倒していて、それまでの何年間か、彼の本ばかり読んでいた時期がありました。
 筒井康隆は三島文学について「美文ではあるが、論理性を持った美文で、警句や箴言が散りばめられていた」と(実は昨日の新聞に)書いてたんですけど、全く持ってその通りだと思います。
 さて、その三島由紀夫が生涯の最後に書き上げた「豊饒の海」という四部作があるのですが、この作品の(かなり衝撃的な)ラストの舞台となるのが、タイトルの尼寺の南庭なんです。作中では「月修寺」という名前で出てくるんですね。で、第1部のヒロインだった「綾倉聡子」が、ラストの第4部ではここの門跡になっている。そこへ全編で狂言回しの役割を果たしている「本多繁邦」老人が訪ねていく。
 このお寺、普段は残念ながら非公開・拝観不可。
 なので、3?4年前に訪れたときは少し離れたところから眺めるだけだったんですが、なんと!このたび1つ大きな発見を。実は年に数日だけ、春の奈良交通バスツアーで、このお寺が拝観可能だったのです。
 年末あたりから日程を調べたら2?3月にかけて、何日かにわたって参加客を募集していたので、このたび申し込もうと思っています。
 もしうまく参加できたら、またいつかこのブログに書いてみたいと思っています。


…なんか、今回は思いっきりマニアックに走りすぎた内容になりましたけど…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。