スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走り始めてみました(^^ゞ

 昨年後半ぐらいから、日々の仕事のあまりの忙しさと気苦労で、自分の時間がほとんど取れないような日々、大量の持ち帰り仕事も毎週末のように続き、帰宅しても気分は切り替えられず、かなり精神的に重い数ヶ月が続いておりました。

 体重も増えてしまい、階段の上りがきつくなってきたことにも危機感を覚え、何か体動かすことをしないとマズイなと常々感じておりました。。

 数年前まではジムに通ってたこともあったんですが、たぶん今の仕事の状況では、ジムに合わせて時間をやりくりするのも難しそうかな…と、その選択肢も億劫になり、何もかも八方ふさがりみたいな気分で酒の量ばかり増えて…の悪循環な日々。

 文化的な趣味にも気乗りがせず、休日でも気分が切り替わらず、このままワーカホリックみたいな精神世界に陥ってしまうことになるんだろうか。。ウツになったらどうしよう、などと暗い毎日を過ごしておりました。

 そんな3月末、ふと床屋の帰りに寄った書店で、1冊の本が目につきまして。

 『走ることについて語るときに僕の語ること』(村上春樹)

 …そういえば、数年前に「創作する人の生活面での工夫」ということにかなり興味を持っていた時期に、村上春樹や三島由紀夫が、自らの創作した(不健全な)ものに押しつぶされないように、体を鍛えて健全に保つことに心を砕いている、というような記事を読んだことを思い出して、即・衝動買い。

 小学生の頃から、とにかくとにかく、マラソンとか持久走のたぐいがもう苦手で苦手で、大キライな僕だったんですが、この本の第1章からいきなり始まる〝ハワイ島のコンドミニアムに貿易風が吹き込んで…〟みたいな雰囲気にもう心を奪われ、…こんな時は人間、勢いですね…翌日の夕方からさっそく、海の近くの松林で30分ほど軽くジョギング。 (←こんなアイコン使ったの初めてだw)

 松林まで出かけていったのは、ここのところ太り始めていてヒザに痛みを感じることが多かったため、念のため軟らかい土の上を走るように配慮したからなんですが、何日か走り続けているうちに、ようやく普通のアスファルトやコンクリートの路面でも痛みを感じずに走れるようになってきました。
 まあ、やってることはジョギング以前の「スロージョギング」ってレベルなんですけど、走り終わってボーっとするひととき、ちょっと自分のことが好きになれるひとときです
 少し、トンネルの出口が見えた気分♪



 …とまあ、こんなことを半ば自慢げに書いてしまった(これも勢い)けど、こうして書くことで、自分にプレッシャーかけてるところもあります。おい、続けろよ俺、みたいなね。(^^ゞ
スポンサーサイト

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

トラックバックテーマ 第1525回「机の上の必需品」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当藤本です今日のテーマは「机の上の必需品」です。机に絶対置きたいもの、必要なものってありますか?あたしの場合は物忘れが激しく、机の上にカレンダーがないと本当に忘れてしまうので必ずカレンダーは目立つところに置いてます卓上カレンダーには本当助けられてます・・人によってはスッキリされている方もいますし机の上に物がいっぱい!という方もいてますよね・・(私なので...
トラックバックテーマ 第1525回「机の上の必需品」


 今日は上のような企画に乗っかって。

 僕は…「アナログ式の時計」でしょうか。
 ここ数年は本当に忙しく、机の前に向かって仕事や集中する知的作業をしてる時って、たいてい「次の仕事のこと」とか「睡眠時間の確保」といったことをアタマの片隅で意識してなアカンことが多いんですよね。。そんな時、チラ見しただけで直感的に残り時間がイメージできるアナログ式の時計って言うのは必需ですねえ。

 てか、実はそれ以上というか以前に、僕が机上のことで大事にしてるのは「机の上に、ある程度広いスペースが確保されてること」なんですよ。
 以前教わった職場の先輩の言葉で「机の上は、いわばアタマの中の作業スペースの広さと一緒だよ。複数の資料や書類を、一覧できるような環境を保つことは大事だよ」と教わったことが、今では座右の銘の一つになってます。


 …今日は休みなのに、仕事上で資格取らないといけないことがあって、その勉強中です。…戻りますワ(涙)

日曜朝の散歩

 もうずいぶん前から、日曜の朝、海の近くにある開店前の閑散としたショッピングモールや公園あたりまで出かけていき、広々とした景色を見てぼーっとするひとときが大好きで、今日も朝早くから1時間半ほどぶらついてきました。
好きですねえ~♪

 今朝は特になんということもなかったんですけど、以前ショッピングモールで人のいない早朝、尺八を吹いてるおじいさんを見かけたことがありましてね。。なんだか、それがすごくイカしてるなと感じたのです(^o^)
 以前も、別の場所の港公園のはずれでサックスを吹いてる人を見たことがありましたが、そのときの感慨に近いものがありました。

 僕自身は鍵盤奏者であることに満足してるんですけど、時々こんな光景に出くわすと、ちょっと憧れます。
 まさか、エレピに電池入れて持っていって弾くって訳にもいかないからねえ~~(笑)

MOTIF-RACK XS購入!

 DTM、と分類はしたものの…

 機材を買いました、というそれだけの話なんですが(^^ゞ

 今手持ちの音源は、KORGのTRITON-RACKを主戦力としてるんですが、数ヶ月前に
 YOUTUBEのこの動画見てしまってから、ひそかにMOTIF音源の虜になってしまいまして。

 特に2'35"あたりからのこの音色とフレーズ聴いてしまったら、もうあきまへんでした。。嗚呼、リチャード・ティーを彷彿とさせる、このあまりに美しい世界。。

 この動画と出会ってから、結構長い間ガマンしてたんですけど。。(一時、KXシリーズの鍵盤の方を買おうかなんて揺れてる時期あったりしてね)

 しかし…つい先日仕事のストレスがピークに達した時、取り憑かれたかのようにフラフラとネットショップの購入ボタン押してしまってましてねえ~~とうとう購入してしまいました、MOTIF-RACK XS!!
 当然のように家の中には波風立ちましたが(笑)

 さて購入から早…1ヶ月以上経ちましたか。。相変わらず多忙な日々で、ホコリかぶってることも多いんですけど、なんとかつないでるノートパソコンの方にCUBASE AI5をインストール(<しかしフリーソフトなのに、なんでこんなに使用許可手続きややこしいんだorz)し、どうにかおぼろげながら音色をPC側からエディットする方法は見えてきました。

 当面の課題は、「マルチ機能」…KORGでいうと「コンビネーション機能」に通じる世界かな…の、スプリットとかレイヤーのやり方を覚えることですが、それも経ての、当面イチバンの夢は

 「アルペジエイターを自由に使いこなして、曲のメモ作りに活用しまくるという境地に、一日も早くたどり着きたい!」

…です♪(^o^)
 音色のことに加え、DTMにかかる膨大な時間を短縮するための強い味方になってくれたら、買った甲斐もあるってえもんなんですけどね~~。

フュージョンバンド「Anikey's」卒業。。高槻JAZZ、サイコーでした!!

 この4日、高槻ジャズストリートに「Anikey's」(アニキーズ)のメンバー(<もちろんキーボード奏者です)として出演させてもらいました。

 阪急高槻市駅前の「ナッシュビルウエスト」っていう立地条件抜群のお店だったんですが、出演がこの日ラストである22時からということで、どのぐらいお客さんが残ってくれるんだろうか…とちょっと心配でもあったんですが、フタ開けてみたらビックリするぐらいの大盛況でした。

 私的な事情(<というか多忙)から、このたびの出演をもって、テナーのルリーちゃんと僕の2人はバンドから脱退させてもらうことになりました。
 最後にサイコーのオーディエンスの前で、素晴らしいパフォーマンスをさせて頂きました。
 
 なんといっても、最後のしめくくりのコレがサイコーに気持ちよかったんですよ!!
 (↓Youtube動画です!)
  『OMENS OF LOVE ~ SEA LINE(<なんと、アンコールっ!)』
 こんなに熱い会場で最後を飾れたことに、本当に感謝です!


 あと、個人的に思い出深い曲となったナンバーをもう1つ。
 このバンドはKey2人モードということで、ピアノはもう1人に完全に任せ、僕自身は昔からひそかにやってみたかった、「ひとりバックオケ」みたいな境地を実践できた曲を。
 50秒過ぎたぐらいの展開とエンディングが特に気に入ってます。
 (↓これも、Youtube動画っっ!)
  『TWILIGHT IN UPPER WEST

 本当に楽しく、思い出に残るステージでした。。

 当面はバンド活動もできそうになく、DTMを堪能する時間もなさそうなんですが…
 先頃、念願の新機材を投入しましてね。時間に追われている僕の強い味方になってくれるかも。。
 また、稿を改めてそんな話題も書いてみたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。